アクリル板やアクリルライト~世界を変える原料革命~

作業員

活用例と製作方法

ガラス

アクリル板は、重量的に軽量なものです。軽量なのに耐久性や耐候性に優れています。その為、ガラスのかわりとして活用しているところもアリます。例えば、コンビニやスーパーで見かける、チャリティー募金の箱もアクリル板を加工して作られたものです。それらの貯金箱には、物によっては色が着色されていたりしています。アクリル板は無色透明な素材だけでは有りません。加工段階で、着色料を混ぜれば、多彩な色のアクリル板を作成することが可能です。着色したとしても、全く色褪せません。太陽の下に長時間おいても全く変化しないほどです。また、貯金箱や水槽だけでは有りません。アクリル板は、様々な形に加工して活用しやすくすることも出来ます。板状のものから、パイプや丸棒形状のアクリル板も存在しているほどです。

アクリル板は、加工しやすい素材です。丸棒状のものと板状のものと掛け合わせることも可能です。例えば、大型ショッピングセンターのエスカレーターのサイドにぶら下がっている注意書きがしてある板もアクリル板を加工したものです。加工次第で多彩な物に変化させられるのです。アクリル板の加工方法や利用によっては、板を固くしたり、板通しを接着しやすくします。セルキャスト製法と、押出製法の2つがあります。セルキャスト製法は、2枚のガラス板の外周にゴムのパッキンを挟んで、アクリルの原液を流して制作する方法です。押出製法は、アクリル原液を押し出して圧力をかけながら板を作り出す方法です。

サイトマップ