アクリル板やアクリルライト~世界を変える原料革命~

作業員

多彩なところで陰ながら

水槽

アクリライトは、多くの人が聞きなれない言葉です。アクリライトは工業品です。一般人の誰もが、多分関わりがないだろうと思っています。そんなことは有りません。アクリライトは、我々の身近なところで密かに日常生活を支えているのです。アクリライトは、日常の町中で見る看板や店のディスプレイ、熱帯魚を飼育する大型の水槽など様々なところで使われています。透明性に優れていて、看板の宣伝効果などを一切邪魔せずに、看板の効果を発揮させながら、保護していきます。透明性の高いアクリライトは、逆に破損しやすい印象を抱きやすいです。ガラスと同様に、透明感に優れていてる分、落下などの衝撃でヒビが入ってしまう印象を抱きやすいです。アクリライトは耐久性に優れた素材です。

アクリライトに使われるものとして、MMAポリマーが使用されます。日本名では、メタクリル酸メチルと言い、見た目は水のようなものです。そんな、MMAポリマーに特殊な薬剤を加えたり、熱を与えることで、水飴のようにねっとりしてきて、最終的には、硬くなります。水飴状になった時に、素早く板状などに形を整えて、はじめてアクリライトとして、様々な箇所で活躍するのです。アクリライトはプラスチックの女王と呼ばれるほど重宝されています。透明感に加えて、耐候性に優れていて、太陽から降り注ぐ紫外線にあたっても、ボロボロになることがありません。また、アクリライトは、板状のものだけでは有りません。丈夫な性質を利用して、車に施される塗料にも用いられているほどです。

サイトマップ