アクリル板やアクリルライト~世界を変える原料革命~

女性

多彩なところで陰ながら

水槽

アクリライトは、たさいなところで活躍しているものです。看板を保護するために使われている透明のプラスチックや水槽に活用されています。素材の強さを活かして、車の塗料にも用いられています。

» 読んでみよう

活用例と製作方法

ガラス

アクリル板は、重量的に軽量かつ耐久性や耐候性に優れています。その他では、2種類の製造方法があります。セルキャスト製法は、2枚のガラス板の間に原液を流し込む方法です。押出製法は圧力をかけながら、アクリル板を作ります。

» 読んでみよう

色々な箇所で利用

柔軟に加工できるメリット

アクリル板

アクリル板を利用したアクリライトとは、三菱レイヨンが販売しているアクリル樹脂板です。アクリル樹脂の特徴は、透明性の良さと耐候性、耐衝撃性、加工性に優れている点です。樹脂の中では最も透明度が高く、ガラス並です。また、耐衝撃性も良くガラスのように粉々になることはありません。そして、加工性の面でも優れていて、さまざまな加工方法が可能です。例えば、ガラスでは難しい曲げ加工も簡単に加工することができます。ヒーターで熱すれば手で簡単に曲げることができます。また、切削性も良くさまざまな形状の切削品を作ることができます。アクリライトは、透明で耐久性のある素材の中でも、ガラスよりも加工がしやすいく耐衝撃性に優れています。この点が大きなメリットです。

どのような場所で使用されているのか

アクリライトは、さまざまな場所で活躍しています。例えば、小物や雑貨などの商品展示用のディスプレイに使用されています。透明度が高いため商品を見やすく、美しく引き立たせる効果があります。水族館では、水槽として使用されています。ガラスでは、難しいアーチ状の水槽にも使用することができます。これもガラスのように透明度が高く、耐衝撃性に優れているためできることです。その他にも、コンビニの看板や車のテールランプ、携帯電話の液晶ディスプレイ、スマートフォンのケースなど身近なところで使用されています。このようにさまざまな場所でアクリライトが使用されている理由は、三菱レイヨンのアクリル樹脂の品質が世界的に見ても極めて高い水準にあるからです。アクリライトは品質がトップレベルなため、アクリル樹脂の特性を最大限に引き出すことができます。この点がアクリライトを使用する最大のメリットです。

自由に加工して好きな形に

女性

アクリライトを様々な形に加工して、インテリアや記念品をディスプレイする為のケースなどを制作している業者があります。公式サイトも存在していて、要望にかなった多彩なアクリライトの製品を確実に制作して届けてくれます。

» 読んでみよう